元気かい

2020年9月12日(土)若年認知症交流会「元気かい」(本人&介護者交流会)

2か月ぶりの開催となりました。8月のリフレッシュ旅行はコロナで自粛です。
何もかもが自粛される中、コロナ禍は弱者をさらに弱者にしているようです。

今回も「東海市しあわせ村」で13:30~16:00に開催されました。
今回は10組の方とサポーターさんの参加でした。
手洗い、手指消毒、体温測定を済ませ、ペットボトルのお茶と個包装のお菓子をいただき
換気とソーシャルディスタンスを保ちながらマスクをしての交流会となりました。

皆さん、今年のお盆はお墓参りに行けなくて、子供たちも帰って来れない方が多く
普段とは違うお盆を過ごされたようです。
複数のデイサービスを利用している方のお話ですが、他の事業所を利用されている方は
コロナ対策で利用を断られたそうです。こんなことが利用者やその家族のことを支援する
本当のコロナ対策なんでしょうか?こんなことが広まらないことを願うばかりです。

交流会では、初期の方がやはり混乱されています。怒ってはいけないとわかっていても
ついつい怒ってしまって・・・と、なかなかデイサービスに行ってくれない・・・と
そうなんです、みんな初期は同じ気持ちで参加していました。もうどうしたらいいのかわからない
状態でこの交流会に参加していました。真っ暗な闇の中で少しずつ、少しずつ灯りが見えてきます。
家族の会では、「家族支援プログラム」という初期の方の家族を対象にした講座があります。
認知症の方と一緒に暮らしていくためにとっても役に立つ講座です。
是非、受講してみることをお勧めします。私も受講してよかったです。

認知症家族介護をしていると、所々で判断しなくてはならない場面があります。
参加者の中で施設に入所している今の判断がベターな判断だったのか思い悩んでいると
言われていました。介護は十人十色といわれるように正解はないと思います。
介護している人の判断が優先されていいと思います。

さて、次回元気かいの開催は10月10日(土)13:30~16:00 東海市しあわせ村で開催します。
年間予定表とは時間が変更になっていますのでご注意下さい。
次回お会いできるのを楽しみにしております。

どなたでも参加できます。
みなさまのお越しをお待ちしております

 

-元気かい