シングル介護者 交流会

2020年10月4日(日) シングル介護者交流会

10/4(日)開催のシングル介護者交流会では 久しぶりにご参加の方が何人かいらっしゃり、多様な悩みが話されました。

現在の入所生活に家族として不満はあるものの、預かって貰っている立場として受け入れざるを得ず、他施設へと言う選択も、施設を探し入所生活を安定させるまでの大変さをまた・・・と思うと、現状で折り合いをつけるしかないのか、と話され、入所後の施設生活の難しさを考えさせられました。

又、施設に入所させた事が本人に良かったのか、病気の進行をはやめてしまったのでは、と悩まれている方もいらっしゃいました。介護者の生活、人生と介護の両立で心の折り合いをつける事は易しい事ではないのですよね。

施設入所については、この他、現在入所中の施設が希望していても長期入所が難しく、次を探す不安についても話されました。

チームのイラスト

認知症以外の体の変調への対応(通院・自宅での処置など)で肉体的・精神的疲労が限界を超えられている中で、今の仕事を辞めずに乗り切る為に自分で問い合わせして考え、日々を乗り切られているお話では、介護を分担する身内の無い介護者を社会がどう支えるかを考えさせられました。

仕事と介護の両立ではこの他にも、転勤の話があった時にそれを介護を理由に断った時、待遇を悪くされるのではと言う不安も話されました。

次回の12/6(日)は本年最後。例年では会の後に忘年会も開催されていますが、今回はその日の状況と会にその日参加される方のご希望で決める事になりました。

オンラインでの次の交流会は11/2(月)夜の予定とのお話もありました。

インフルエンザの流行も心配な季節が近づいてきました。介護する自分の体、心もどうか大切に・・・。

お月見

-シングル介護者, 交流会