シングル介護者

2022年10月2日(日) シングル介護者交流会

暦の上では秋ですが、夏を思わせる陽気の10月2日(日)、シングル介護者交流会は16名のご参加。

看取りを終えられた方のご参加も多くなってはきましたが、今日も初めてご参加の方もお2人いらっしゃり、話題は多岐にわたりました。

自分自身の傷病、認知症の家族以外の家族の事にも振り回されながらの介護、他の家族の協力、理解が得られない事の苦しさ、憤り・・・。対処しても「どうにもならない」事もありますが、そんな時、その中で頑張っている自分を分かってくれる、認めてくれる人の存在が救いになったりもするものなのですよね・・・。

(優しい想いから)受診等を躊躇すると言うお話もありました。

話す中で自分の気持ちを見つめ、他の方のお話等からも「腹がくくれる」時が「その時」に訪れる、そうした決断もあるのかなと思いました。

介護中の家族関係のお話も今回も出ました。又、介護中の孤独感についても話されました。親しい友人、家族にも話す事が難しい、話しても理解や共感が得難い話が出来るのが交流会、なのかなと思いました。

看取りの時期を迎え、仕事の契約を一時的に変えて同じ職場で同じ仕事を続けている、と言うお話もありました。離職に追い詰められがちですが、自分の人生も続いているので、「今を乗り切る」事を考えて周囲の理解、協力を得る事の大切さを感じました。

ロボホン

帰り道、かわいらしいロボットを見かけました。私達が介護を受ける時にはこのロボット達にもお世話になるのでしょうか・・・。

LINEグループを作る話も出たりと話は尽きませんでしたが、今年も次回12月11日(日)が最後となりました。会場の関係で第2日曜となりますのでご留意下さい。又、会の後の恒例の忘年会の話も出ました。ご都合つく方はぜひご予定下さい。

その他、リフレッシュ旅行は10月23日(日)、24日(月)の1泊2日、下呂温泉で予定されています(要申し込み)。

次回のリモート交流会は11月5日(土) 21時から22時半(ミーティングID: 976 7321 1494・パスコード: 337048)。

こちらもご都合つく方がぜひご予定下さい。

-シングル介護者