介護者の未来を守る「介護者憲章」認知症の人と家族の会 愛知県支部

認知症の人と家族の会愛知県支部 介護者憲章

この憲章は、「認知症の人と家族の会」という当事者の立場から、介護者支援の方向性を示すこと、 介護を担っている家族の視野が広がり、自らの行為の価値を再認識し、「私自身も、支援を求めてよいのだ」と思えるようになることを意図して作りました。
本憲章では、日常生活上の支援を必要とする「家族」に継続的にサポートを提供している者を「介護者」と呼びます(介護の専門職として働く方々は含みません)。

1.介護者は1人の人であり支援を必要とする人とは別個の存在である。

介護者は、介護者であると同時に,一人の人であり,介護をしていてもその人自身の人生や生活があると気付くことが大切です。

2.介護者は、自分の介護のありようは自ら決めることができる。

これまでの家族の歴史や介護を必要とする相手との関係性、自身の生き方を踏まえ、介護者としての役割をどのように担うかについては、自分で決めることができます。

3.地域社会のなかで介護者の健康と幸せは護られる。

地域社会は住民がさりげなく支え合って生活していく「お互いさま」の場です。
介護者が社会的に孤立しないよう配慮が必要です。

4.介護者の経験と知識は地域社会の財産である。

介護者は介護に関する知識を豊富に持っています。
様々な介護経験の蓄積は地域社会の財産となり、他の介護者を支えていきます。

5.介護に関わる子どもや青年は、自分の生活を楽しみ自らの可能性を追求できる。

介護に関わる子どもや青年にも目を向け、彼らの将来の可能性が失われないよう、 また彼ら自身の子ども/青年期の生活を楽しめるよう支援をすることが必要です。

6.介護者にとって必要な支援は適切に行われるべきである。

住んでいる場所や自治体の財政、介護者の貧困や無知などの理由で差が生じないよう、 全ての介護者に、支援はタイムリーに適切に十分に行われることが必要です。